高収入きついがカッコイイ肉体労働ランキング第1位 鉄骨鳶

ハイパービギナーマンです。





鉄骨鳶 聞いたことありますか?

最高にかっこいい仕事だといえますし

僕がやってきた仕事では1番やりがいや達成感を味わいました。



鉄骨鳶の皆さんも命をかけて建物を建造しています。



鉄骨鳶がなぜ一位に選ばれたのか

本当におすすめなのか 順番に説明します。

目次

鉄骨鳶 仕事が比較的 綺麗

足場鳶は足場を解体する時、放置した足場だとホコリが積もっていて作業着が汚れてしまうことがあります。



鉄骨鳶は材料がトラックできれいな状態で搬入されるのであまり作業着が汚れません。



現場の水はけが悪く地面がドロドロだとなかなか難しいかもしれませんがそういった現場ばかりではありません。


経験上きれいな現場が70%くらいでしょうか。

梅雨の時期は雨が続くのでぬかるみやすくなります。

その場合 安全長靴で対処します。


ごくまれなことですが工場の方が間に合っていない場合、錆止めのペンキが半乾きの時があります。
鉄骨をよく見て光ってないか確認して荷下ろしをしてください。






とにかくかっこいい

写真は大梁(通称Gばり)を取り付けているところです。



見にくいですが写真に写っている男性が無線をつけている様子なので彼がこの鉄骨をさばいています。



先に相手にボルトを取ってもらい後から合図者がボルトを取るシステムです。



無線に慣れてきて自由自在に品物を操れるようになると仕事の楽しさが倍増しますし花形感が増します。

その作業を地上3メートルから数百メートルで行うのでかっこいいそれ以上の言葉が必要でしょうか。



バル熊先輩

ほんとに命懸けの仕事だ!



鉄骨鳶さんがいるので巨大なマンションやビルが建設されます。





僕は今は引退していますが良く考えて見ると凄い仕事をしていたんだと改めて思います。

若気の至りってやつです。まさに!




仕事探しのナビゲーションです ↓



メッキ屋でどぶ漬けでメッキにされたメガネ達


僕が特に怖かったのは大外のハネだし部分の鉄骨の取り合いです。

大外の部分は比較的細い鉄骨が多く使われていて最悪フランジ(足を乗せる部分)が、10センチにも満たないような鉄骨が使われています。

そういう鉄骨はウェブ(お腹の部分)も短いものが多く芋虫のように張っていくにも勇気と馬力が必要です。


そういう時に限って取り合いが結構先のほうにあり度胸が試されますw






鉄骨鳶に必要な免許

鉄骨鳶になるために必要な最低限の免許をご紹介します。

まず基本となるのが建築鉄骨組み立て作業主任者

材料をクレーンで吊るのに玉掛け技能講習が必要になります。



小型移動式クレーン足場の組み立て作業主任者高所作業車があれば完璧です。


免許料金日数と年齢
建築鉄骨の組み立て作業主任者受講料15400円 テキスト1900円2日間 21歳以上 経験3年
玉掛け受講料24000円 テキスト1700円3日間 18歳以上
高所作業車40000円から45000円3日間 18歳以上
小型移動式クレーン38000円から39000円3日間 年齢制限無し
足場組み立て作業主任者13000円2日間 21歳以上 経験3年
地域によって料金に差があります

少し慣れてきたときに免許を取得しておけばのちに現場の責任者として働けるようになります。






東京スカイツリー

大手ゼネコン大林組が手がけた東京スカイツリーこの建設に携わった職人さんは本当にうらやましいです。



日本で1番高いテレビ塔を手がけたと子供や孫に語ることができます。




補足情報


これは通称デッキと呼ばれるものでこのペラペラのブリキを敷き詰めていきこの上にコンクリートを流していく言う仕組みです。


このデッキ張り平米が広いとうんざりしてきますがとても簡単でやりやすい仕事なのでこの仕事を覚えておくと仕事の幅が広がります。





しゃがんでずっと溶接していくので腰に負担はかかりますが健康な方なら問題ありません。


激レアパターン

稀なパターンですが鉄工所のミスで鉄骨のボルトを通す穴が間違って開けられていて

プレートと穴の位置が合わない最悪な時がありましたw



おそらく中国人研修生が間違えてしまったものと思われます。




そういう場合はフランジ上のボルトを取り鉄工所が直しに来るので気にしないでおきましょう。



工場側の人手が足りない時は建て方の方からダメ仕舞いのほうに回される可能性がありますがその場合大半はガスで穴を開け直して処理していきます。



火が使えない現場はアトラと呼ばれるマグネット付きドリルで穴を開け直します。

アトラでやっつけるパターンは時間がかかるのでめんどくさいです・・・





まとめ

今回は鉄骨鳶の魅力をお伝えしました。体力仕事なので生半可な気持ちではできません。




最近ではある電気会社の女性社員の方が長時間労働のために自ら命を絶たれたのも記憶に新しいと思います

あまりニュースにはなっていませんがこの日本でも毎年30,000人以上の方が様々な理由を抱えて

自分で命に終止符を打ってしまっています


ハイパービギナーマン

お金より命が1番大切です
会社のためにいくら命を削って働いても
体を壊しても保証などしてくれません



長時間労働で体を壊し労働災害保険が認可されるパターンはごく稀なのです。

自分の体は自分で守ってください。

僕はそういったブラック企業が許せません僕自身働きすぎで体を壊してしまいました



体を壊しやすい人の特徴

・何年も体のいろんなとこが痛みどんどんひどくなって治る気配がない

・人間関係でかなりのストレスを感じる

・自分がかなり細かい性格で周りの仕事が雑に感じてイライラする

・仕事命(自分の体より出来高を優先する人)

・体が限界なのに遊びと仕事に全力な人


ここで3つ以上あてはまる人はかなり危険です。


ハイパービギナーマン

真剣に聞いて下さい!
この状態を無視して仕事を続けても
いつか体が動かなくなり大変な人生を送る羽目になります



僕は2014年から2021年7月現在まで仕事は大好きですが戻ることができていません。

根性とか気合いが突然通用しなくなります。この記事を書くのもかなり大変です。

僕から言えるのはこの仕事しかできないし、今更この歳で転職なんて・・・

その思いから体の声を無視して肉体労働を続けて体が爆発しました。

昔の僕にアドバイスできるなら勇気を出して自分に合った仕事を探し直してくれ!

タイムマシンがあれば必ずそう伝えにいきます。



バル熊先輩

一度大きく体を壊すと10年、20年元に戻らない人もざらだ!

職種に関わりなく朝が半端なく憂鬱な人や仕事を始めて

30分も来ていないのに体のどこかが悲鳴をあげ仕事に

集中できない人
はレッドカード!

悔しいが一度その仕事を離れるか 自分に合った他の仕事を

探すのが賢明だ。


職業安定所や知り合いのツテ、方法はなんでも良いので今すぐ行動して下さい!



ハイパービギナーマン

健康に勝るものはこの世のどこにもありませんから

体の声に耳を澄まして下さい。


会社を辞めにくい方は退職代行サービスに

助けてもらうのも一つの方法です ↓

仕事探しなら ↑

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる