高収入きつい肉体労働ランキング 二位 三位 デスクワーカー向け

ハイパービギナーマンです

前回の記事で塗装屋と

解体屋のメリットデメリットを

お伝えしました





この記事はデスクワークの長時間労働でストレスが溜まりまくっている20代から30代の男性の方に向けて書いています

今の仕事が合わないと思っておられる方は肉体労働の世界 最初は大変ですが慣れて来ると満足感がすごいですし

独立して起業すれば年収1000万越えも夢ではありません



残業もデスクワークほどではありません

仕事自体が筋トレになるので

ダイエット効果もあります


ボディーメイクされる方にはもってこいの

職業ではないでしょうか




命をかけて働いておられる職人さんは

リスペクトに値します

今回は3位と2位を発表します

ビギベア君
ビギベア君

3位は足場鳶

2位は鍛冶屋 溶接屋だよ

目次

高収入肉体労働ランキング 第3位 足場鳶

どの建設現場にも欠かせないのが

足場鳶です


足場鳶 足場鳶は建築現場で必要な足場を設置する職人を表す 単に高所作業を行うだけでなく設置場所の状態や作業性 足場解体時の効率などその場に応じて的確に判断して組み立てることが求められる 会社組織として建築現場の仮設足場のレンタル 据え付け 解体を一体となって請け負っている場合が多い     ウィキペディアより抜粋




足場鳶は鳶職の中でも花形と言われ

建築現場に真っ先に入り

他の職人さんが作業できるよう

安全に足場を確保する職種である


ハイパービギナーマン<br><br>
ハイパービギナーマン

僕も足場は3年ほど

経験したけど

楽しさあり

キツサアリで

いい思い出に

なってるよ


足場は民家の新築 リフォーム 

ビルやマンションのメンテナンス

橋梁の吊り足場 造船足場 

いろんな足場がありますが

基本となるのがビルやマンションで

よく使用されるビティ足場です

地組した後はひたすら枠をさして

順番に立ち上げて行きます

僕も昔はマンションの現場ばかり行かされ

ひたすら基本から叩き込まれたのを

思い出します

後は丸太足場ですが

最近は少なくなりました

家屋の解体時によく仮囲いで使われます

民家ではビケ足場と呼ばれる

支柱にハンマーで

打ち込んでいくタイプが

今の主流でしょうか

ビケ足場

とにかく材料を運ぶのが1番大変なので

筋肉が慣れてくるのに

1ヵ月から2ヶ月は我慢の時です

体が慣れてくると優越感がアップして

仕事が楽しくなってきます



早い人だと半年から1年ほどで

ノウハウがわかってくると

現場を任されるようになるので

独立のチャンスが舞い込んできます


後は本人のやる気とセンス

そこにかかってきますので

技量が試されます










ビギベア君<br><br><br><br><br><br><br><br>
ビギベア君







アキラ100%さんがTVで足場鳶を

体験してたけど

きつい親方

ばかりではないからね



第二位 鍛冶屋 溶接屋

半自動溶接

第2 位 鍛冶屋 溶接屋です

要するに暑さとの戦いです

溶接も慣れるまでが大変で

教えるのが苦手な人についてしまうと

要領が掴めずいつまでたっても

上達しないことがあります


ですので仕事が終わって

夜な夜なスクラップで

溶接の要領をつかむのが

あるあるのようになっています


電気を合わせられるようになると

溶接が楽しくなります

何に電気を合わせるのかと言うと

材料に対してが主ですが

1番は自分の

手の動きに対して

電気を調整する

そこがポイントとなってきます



技量がないのにかっこつけて高い電気で

溶接しようとするとえらいことになります


ある程度のスピードで自分に合った電気がわかってくると

うまく溶接ができるようになります



アーク溶接


アーク溶接はホルダーに溶接棒をつけて

品物を溶かしていきますが

まずこのアーク溶接を

できるようになってから

半自動溶接を経験されるのをお勧めします

一般的にアーク溶接は難易度が

高いと言われていて

特に上りの技術はその人の技量が

顕著に現れるので腕の見せ所です







溶接は特にセンスが

大きく現れるので向き不向きが

分かれやすいといえます

ビギベア君<br><br><br>
ビギベア君


棒の上りが綺麗だとテンション上がるよ


特にじっとしているのが苦手な人は

溶接には向いてないといえます



今説明したのは鉄の溶接ですが

アルミ ステンレス 銅 

様々な材質の溶接が存在し

1番施工しやすいのが鉄です




溶接屋は現在溢れていると

言われていますが

企業によっては溶接屋が

足りていないところも多くあります


今からでも狙い目の職業です

昔は時給4000円もらっている人も

いたようなので

夢のある職業かもしれません


突貫工事の凄まじい現場では

高時給が期待できます

溶接は力仕事ではないので

体力に自信がない人でも

挑戦しやすい肉体労働ではないでしょうか




鍛冶屋はガスも多様します

鉄を加工する際

ガスで鉄をあぶり歪みを取ったり

鉄を切断して思いのままの形に加工します



ガス切断も慣れが必要で最初はひたすら

スクラップを切断していくと

容量を掴んできます

イメージ


上級者になれば定規を使わないのに

まっすぐに鉄を切れるようになります

ハイパービギナーマン
ハイパービギナーマン

ある意味芸術だね


溶接屋や鍛冶屋は

一年も経験すると慣れてきて

様々なことを任せられるようになります

東京スカイツリーも

鳶職人や溶接屋さんがいないと

完成には至りません

建物が立ちそれが残ったときの達成感は

本当に計り知れません

東京スカイツリーの

建造に携わった人たちは

自分の仕事を誇りに思っているのは

間違いありません


歴史に名前を刻める

職業とも言えるでしょう









まとめ

今回はデスクワークされている方に

向けてオススメな

肉体労働の足場鳶 溶接屋 

鍛冶屋を紹介しました


僕も15年ほど肉体労働を経験しましたが

体が健康な人にはドーパミンも

かなり放出されるので

オススメの職業だといえます(満足感)



特に今は建設業界も

人手不足に悩まされているので

今なら大切に扱ってくれる業者も

多く存在します



ブラック企業で長時間労働のデスクワークに

悩まされている20代30代の方は肉体労働

いちど体験してみてはいかがでしょうか



建物が出来上がった時の爽快感は最高です




人生は1度なので違った扉を

開いて見られてはいかがでしょうか




会社を辞めにくい時はプロの手を借りるのも

一つの方法かもしれません ↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる