バカ売れチンニング初心者ギアEPICGRIP!ニュートラルグリップで手首を守る

ハイパービギナーマン

男性も女性も背中の筋肉が発達すると
ボディラインが美しくなります




ポジティブ野郎 ハイパービギナーマンです


美しい締まった背中 男女問わず憧れますよね


アマゾンが安い筋トレグッズを多数販売していますが正規品よりかなり安いのでほんとに大丈夫か?と感じられる方も多いですよね




僕も(安物買いの銭失いと言うコトワザがあるのかな?)今まで安い商品を買って失敗してきたのでドキドキしながらアマゾンをポチりました

バル熊先輩

結論 問題なく使えているぞ!



今回は筋トレ初心者でも安くて使いやすチンニングギアを実際に使ってみたので正直にレビューしたいと思います


どんな商品でもメリットデメリットは必ずあります

まず思い当たるデメリットはこのようなものとなります



EPIC GRIP デメリット

1・正規品ではない

2・耐久性がわからない

メリット

1・値段が安い

2・手首の自由度が上がるので初心者でも腱鞘炎になりにくい

3・公園がジムに早がわり

4・チンニング以外でも使える

では順を追ってみていきましょう


目次

EPIC GRIP デメリット 正規品ではない

正規品になると5000円から6000円はします

2000円から3000円も値段が違えば外食一回分の費用を捻出できます

正規品と類似品の差はなんでしょうか?

・価格

・耐久性

・保証期間

・使い心地


などが挙げられます

  

耐久性はどうなのか?


お値段お得すぎますが耐久性はどうでしょうか?

今で半年以上使っていますが今の所 なんの問題も見られません

使っていて折れたりするかと思いましたが普通に使えているので当たりでした

ハイパービギナーマン

強いていうならバンドが少しだけ伸びました
気にならないレベルです

メリット 値段が安い

EPIC GRIPとにかく安いです  僕も待ったかいがありました

2280円で送料込み 1ヶ月返金保証と一年保証つきなんて商品に自信があるからできるんです


手首の自由度が上がるので初心者でも腱鞘炎になりにくい


ベンチプレスもそうですがバーに対して水平に握ってしまうと高重量で手首を怪我しやすくなります


その点epicgripを使えば手首は180度どの位置でも対応可能なので痛みの出にくい角度を探して初心者でもトレーニングに打ち込めます






EPIC GRIPは人体工学に基づき握りやすさ耐久性を追求した商品です




まさかこの価格帯まで下がってくるとは思ってもみませんでした  待ってみるものです






公園がジムに早がわり


近所の公園の鉄棒に取り付けるだけで安全にチンニングやり放題です

ニュートラルグリップでできるので手首の負担を大幅に軽減!



ワンポイントメモ

僕も初心者の頃は手首や肩を頻繁に負傷してしまいかなり出遅れたのを思い出します

怪我を防止するのがトレーニングの醍醐味と言っても過言ではありません



手首が自由自在です



自然に怪我をしにくい手首の角度で体を引き上げているのが下の動画で確認できます






その2 ドアジム DOORGYM

この商品はビスで止めるタイプですが懸垂バーとしては値段がかなり安く3年使用していますが問題ありません

僕の家のように持ち家で比較的古い家の方や新しいけど別にビス跡が気にならない方はこの商品で充分です!


    激安です ↓

[itemlink post_id=”2038″]






その3 ドアジム FEIERDUN

予算に余裕がある方はこちらがお勧めです

機能良し! 価格良し!






独特な力学構造なのでビスなしでも高強度を実現

72センチから92センチまで調節可能

バル熊先輩

耐荷重200キロを実現だ





賃貸や新築で壁を傷つけたくない人にお勧めのチンニングバーとなっています

この商品は使ったことがないのですが力学構造を見て安心できるのか分かりました

値段も安いので僕が欲しい位ですw

背中を美しくしたい人は自宅にチンニングバーがあったら便利ですよ




その4 YuHaru パワーベルト



パワーベルトをつけるとチンニングの時チェーンで重りをつけ荷重できるので自重で物足りなくなった時におすすめです


パワーベルトと聞くと筋トレ上級者がよくジムでつけているイメージですがその概念は捨ててください


バル熊先輩

初心者こそ怪我をしやすいぞ
パワーベルトで腰痛を回避だ!



特にデッドリフトやベントオーバーローイングなど腰を痛めやすい種目でベルトがあれば安心です




ベンチプレスやダンベルプレスを行う方もしっかりベルトを固定するのがおすすめです

特にダンベルプレスは不安定で限界を超えた状況からダンベルを元の位置(床)に戻さなくてはいけません


反動を使って起き上がる時は腰にかなりの負荷がかかるのでパワーベルトで腰を保護するに越した事はありません


チンニングギア EPICGRIP まとめ

今回は美しい背中を作り上げるのをサポートしてくれるチンニングギアを紹介しました


背中を美しくするのに必要な筋トレギアにフォーカスしましたが値段もお手頃なのでご家庭に1つ2つあっても良いギアではないでしょうか




ハイパービギナーマン

共に美しい体を作り上げていきましょう!



最初の頃はガリガリの体でジムでベルトをつけていると恥ずかしいとか目立ってしまう考えがありましたが全く誤解でした



現在ではホームトレーニングでもジムでも人目を気にせず重量を上げる時はしっかりベルトをつけるようにしています

初心者こそ胸を張ってパワーベルトを腰に巻きましょうw





amazonで購入したパワーベルトを使用したトレーニングはこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる