KAWASAKI ゼファー750 バイク小説  [Freedoms road] 山形秘境温泉編


はじめまして 


青空波瑠都

僕の名前は青空波瑠都

東京在住!

趣味はバイクでツーリング!


普段はマンモス広告代理店ライトニング・ストリートで終電前までパソコンに

向かってタイピングしている


年齢は25歳 はっきり言って僕の勤めている会社はブラック企業で休みはほとんどない

毎月労働時間は400時間を超えるのが当たり前!

しかも超パワハラ部長虫元のキンキン声で毎日大声出されたら気が狂いそうになる

虫元部長
虫元部長

おい青空〜💢

何時間同じ作業してるんだ!

俺の時給を無駄にするなぁ!



虫元はITとは全く関係のない食品関連会社からの天下り部長

仕事の流れも分からないのに罵声を浴びせてくるわ

しっかり定時で休みもあるわでありえない待遇だ

今回はコロナの影響で仕事量が減ってくれたのでまとまった休みを取ることができたw




青空波瑠都

ようやく取れた休みだ・・・
しんどいけどたまには
ゼファ吉とどっか行きたいよな

目次

有給休暇 初日

今日はすこぶる良い天気だ

ようやくもらえた有給休暇

約100日は連勤だったので体調はあまり良くない

この前から目眩と体の出るさがけっこうキツイが気にしない

僕の愛車ゼファ−750 (ゼファ吉)と一緒に軽く旅に出ようって訳!


Kawasaki ゼファー750 歴史 1990ー2007

Kawasakiゼファー750のエンジンはGPz750から派生していますがZに近いことが売りのエンジンです

完全に旧車とも呼べないゼファーは旧車が好きだがガチのは大変!そう考える人に持って来いのマシンと言えます 

Z750RS(Z2)と同じ排気量ですがゼファー750は振動も少なくパワーもあるのでKAWASAKI乗りのセカンド車としても(ロング用)人気が高く少しだがプレミア価格となっています


 行き先は決めてないがコロナのさなかだ

人があまり行かないようなところに行こうと思う

身じたくしてグーグー鳴るお腹をなだめながら

ガレージオープン!

ガラガラガラガラ

現在am 7時30分少し寝坊してしまった


通勤ラッシュ中だがしょうがない


そうだネットで見つけていた隠れ家的温泉宿

山形にあるそうだ

どうやら源泉掛け流しの露天風呂が売りの

温泉らしい


だめ元で早速電話をかけてみる


女将らしき人物が電話に出た

『はい須崎荘でございます』


青空波瑠都
青空波瑠都

あの〜今夜1人泊まりたいんですが

空いてますか


『少々お待ちください』 『おかみさーん』





青空波瑠都
青空波瑠都

女将ではなかったらしい・・・



女将 よし江

『はいお電話変わりました 女将のよし江と申します〜本日お一人様大丈夫ですよ』



青空波瑠都
青空波瑠都

ついてやがる・・・



女将『食事は松竹梅どのコースがよろしいですか?』


・梅 6800円 刺身と天ぷら付き

・竹 7800円+豚しゃぶ付き

・松 9800円+ A4ランクの牛しゃぶ付き 


波瑠都『そうだな・・・(久しぶりの休日だし奮発して松のA4行っときますか)・・・じゃぁ松のコースでお願いします』

女将『お名前頂戴できますか?』



青空波瑠都
青空波瑠都

青空波瑠都です!


女将『はい青空様 15時から21時までならいつでもチェックインできますよ』

波瑠都『わかりました』

女将 よし江

女将『では気をつけてお越し下さいませ 失礼いたします』  
チーン(電話を切る音)


よかった 

 

コロナの影響もあって

旅行に出る人が少ないみたい

ラッキーだ

これで目的地は決まった!


都心からだと山形まで高速で約5時間それから下道1時間もあれば到着できるか

余裕をみて8時間 am8時出発だと暗くなる前には着けるな



青空波瑠都
青空波瑠都

今日は久しぶりに頼むな ぜファ吉〜


カチリ キーをオンにしてチョークを引きセルを回す!

キュルルル  ボおおおおーーー


イメージ動画



今日は機嫌が良いな! 

久しぶりのロングライドでゼファ吉も嬉しそう     第二話へ続く・・・





よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる